ライブバカラゲームの魅力や遊び方などを余す所なく徹底解説

バカラゲームとは

バカラの歴史は長く、数世紀以上前から世界中のギャンブラーに愛されているゲームです。現在では、技術の進歩により形を変え、オンラインカジノのライブカジノ上で楽しめるオンラインバカラの人気も高まってきています。

本記事では、バカラの進化の歴史やライブバカラになったことによってゲーム性が変わったのかなど、バカラについて徹底解説していくので、ぜひ最後までお付き合いください。

バカラのルールは、シンプルですがしっかりとルールを理解した上で極めていくためには、ある程度の時間がかかります。バカラは、トランプを6-8組ほど使うゲームです。プレイヤーとバンカーにそれぞれ2枚または3枚ずつのカードが配られ、合計の数字が9に近いほうが勝利となります。参加者はプレイヤーとバンカーのどちらが勝利するかを予想し、的中したら配当がもらえます。また、バンカーと全く同じようなゲーム性で「プント・バンコ」や「シュマン・ド・フェール」など異なる名前で親しまれている地域もあります。

ライブディーラーバカラ

ライブディーラーバカラは、ライブバカラの名前で親しまれているオンラインカジノで遊べる生中継のバカラゲームのことを指します。自宅からインターネット経由で遊べることから日本人からの人気も高まってきているゲームです。

場所を選ばずいつでもどこでも遊べるライブディーラーバカラは、利便性の高さから需要が高まっていて、現在では、日本国内にもかなりのプレイヤー数がいると言われています。海外のカジノにいくことなく、日本から本格的なカジノが楽しめるというのが、最大の魅力でしょう。

ライブバカラとは、本物の海外のディーラーが生中継で海外のライブカジノスタジオと呼ばれる場所からゲームを進行してくれるゲームです。プレイヤーは、ライブカジノ内のバーチャルテーブルに着席し、クリックまたはタップし、ベットすることが出来ます。

パソコンやモバイル端末で気軽にカジノが楽しめるというのは、革新的ですよね。

ライブディーラーバカラは、世界中のプレイヤーと同じテーブルに着席し、一緒に遊ぶことができるという点です。テーブルには、チャット機能もあるため、会話しながらゲームを楽しむことが出来ます。

英語が苦手という方でも、最近では日本人のためのライブバカラテーブルが提供されていることもあるので、日本人同士で交流しながらバカラが楽しめます。

また、ライブディーラーバカラは名前の通り、ライブ中継されているので、リアルタイムでゲームの結果を見ることが出来ます。ディーラーがカードをシャッフルするところやカードを配るところなどをほとんど時差なく見ることができるが魅力の一つです。

ライブディーラーバカラには、様々な賭け方が用意されており、テーブルによってはサイドベットに賭けることもできます。また、ベット額の最低額は大体1ドルほどなので、初心者の方は小さな金額から楽しむことができます。

もちろんほとんどのオンラインカジノは、ライブバカラだけでなく、従来のオンラインバカラいわゆるビデオバカラも提供しているので好みに合わせて選びましょう。

ライブディーラーバカラの遊び方は?

ライブディーラーバカラで遊ぶためには、オンラインカジノのアカウントを開設する必要があります。もうすでにアカウントを持っているという人は、ログインし、ライブカジノページにいきましょう。好きなライブカジノゲームを開いたら、テーブルを選び着席したらゲームを始められます。

ゲーム性は、通常のバカラとほとんど同じです。冒頭おの方で説明した通り、「プレイヤー」または「バンカー」のどちらが9に近い手札になるかを予想し賭けるというルールです。

参加者は、プレイヤー、バンカー、またはタイに賭けるのが基本となりオッズはそれぞれ異なります。プレイヤーとバンカーのオッズが一緒だと勘違いする方は多いですが、ほとんどのカジノでは、バンカーに賭けて勝った場合の配当から手数料を引かれてしまうので要注意です。

ライブディーラーのバカラは、昔から親しまれているいわゆるクラシックなスタイルのバカラをオンラインにそのまま移植したようなイメージです。そのため、バカラの魅力は残しつつ、オンラインで遊べるようにIT技術を盛り込んだというような感じでしょうか。また、サイドベットの種類が豊富なためライブバカラを好んで遊ぶというプレイヤーも多いそうです。バカラのルールは、シンプルなので初めてオンラインカジノに登録して遊ぶという初心者の方にもおすすめできるゲームです。

生中継で遊べるようになったことによるバカラへの影響

バカラが生中継で遊べるようになったことは、バカラファンからしたらかなり革新的だったと言われています。バカラファンは、バカラが好きでずっと遊んでいたいけど、わざわざカジノに足を運ばなくてはいけませんでした。

しかし、このライブバカラという革新的なギャンブルの形式によって、自宅からベッドで横になりながらバカラを楽しむことが可能になったというのは、かなり大きな変化だったと言われています。

バカラがオンラインになったことによる影響をまとめたので見ていきましょう。

A. バカラへのアクセスの増加

ライブストリーミング経由でバカラを提供することが可能になったことで以前よりもバカラが身近なゲームになりました。それにより、世界中のギャンブラーがオンラインカジノにアクセスし、バカラを毎日のように楽しんでいます。オンラインの場合、ランドカジノに比べて広い土地を必要としないため、収益性も高く、ゲーム開発者やカジノ運営にとっても良いビジネスモデルだと言えますね。

B. 利便性

やはり、オンライン上で完結するライブバカラに関しては、利便性の高さはランドカジノと比較してもかなり良いと言えます。場所を選ばず、ユーザーは好きなタイミングでリアルマネーギャンブルを楽しむことができるという点で、利便性はかなり高くなりました。

C. ゲーム体験の向上

ライブカジノによってゲームの快適度も変わりました。ランドカジノにある従来のバカラでは、バカラのためにカジノを訪れてもテーブルが満席だったら、時間を潰さなくてはいけませんでした。

オンラインの場合、テーブルが仮に満席でも、またあとで空席がある時にログインすれば良いだけなので、手間を格段に削減でき、快適に立ち回ることができるようになりました。

D. セキュリティの向上

ライブストリーミングバカラを運営しているオンラインカジノは、ライセンスを取得するために厳重なセキュリティ対策をサイトに施しています。常にセキュリティ性を高めるような取り組みをしているため、ユーザーは、安全にゲームを楽しむことができます。

E. 競争の激化

ライブストリーミングゲームやオンラインプラットフォームが導入されたことにより、バカラを開発している開発者たちの競争も激化しています。そのため新たな機能やルールを追加し、常にアップデートすることで競合との差別化を測っています。

競争が激しいということは、クオリティの高いゲームをユーザーに届ける必要があるため、ユーザーも高品質なゲームを楽しめるというメリットがあります。

F. オンラインでしか実現できない要素

オンラインカジノのバカラが世に浸透したことにより、ユーザーを巻き込む形の様々なイベントやキャンペーンが開催されるようになりました。例えば、トーナメントなどは良い例ですね。オンライン上のたくさんのユーザー同士がバカラのスコアを競い合い、上位のユーザーには賞金が出るようなイベントが開催されることでオンラインカジノ自体も盛り上がります。

まとめ

結論、ライブストリーミング形式のバカラが生まれたことにより、ユーザーにとっても運営者にとっても良い影響が生まれました。昨今のIT技術の進歩によって、今まで実現不可能であったことが可能になることは、素晴らしいことなので、今後の進化にも期待しましょう。オンラインカジノのユーザーは増加し続けているため、今後もバカラは進化し続けることが予想されます。

14件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です