ギャンブルは「運」と「スキル」どっちの要素が大切なのか徹底解説

ギャンブルの定義

ギャンブルは、古代から人々に愛されている娯楽であり、その定義については度々議論されています。人によっては、ギャンブルというのは、運のゲームのことを指すという人もいます。しかし、ギャンブルというのは、運の要素が絡むことが多いゲームではありますが、スキルが必要な局面もあるゲームです。

ギャンブルにおける運の重要性

ギャンブルにおいて、最も大切なポイントは「運の良さ」と言われることが多いほど、運はギャンブルにおいて重要です。ただ、運が重要なのは、結果が完全ランダムのゲームにおいてです。要するにプレイヤー側が何をしても結果を変えることができないようなゲームであれば、運が大切です。

このランダムさが、プレイヤーの射幸性を煽っているというのも事実ですね。
カジノゲームでいうとスロットマシーンライブルーレットクラップスなどが運の要素が強いゲームだと言われています。

上記のルーレットなどは、各スピンの結果は完全ランダムなため、運の要素がほとんどを占めるゲームです。その一方で同じカジノゲームでもポーカーは運の要素とスキルの要素の両方が重要なゲームです。ポーカーでは、配られたハンドは運で決定しますが、配られたカードでどのように駆け引きをしていくかは、プレイヤーのスキル次第です。上手いプレイヤーであれば、良くないハンドでもそれなりの勝率を出すことができたりします。

運の要素が強いゲームでは、もちろん連勝をすればプラス収支にすることができますし、連敗してしまったら一気にマイナス収支になってしまうこともあります。しかし、スキルが絡むギャンブルゲームに関しては、そうではありません。例えばポーカーの場合、上手いプレイヤーであれば、どんなに運が悪く連敗したとしても、いいハンドが来た時にポットを引き上げ、一気に高額の賞金を獲得することができるため、負けを一気にまくることができたりします。また、良くないハンドを引いた場合には、無理に勝負せずフォールドをし、損切りをするというのもスキルの一つです。

また、運に関しては、ギャンブルの立ち回り方に影響を与えるとも言われています。運よく連勝し大勝ちしているプレイヤーは、いつも以上に大胆に賭けるようになり、連敗続きのプレイヤーは、負けるのが怖くなり、保守的な賭け方をするようになります。

結論、運は、運要素が強いゲームにおいては、必要不可欠な要素です。またスキルゲームであっても、運が勝敗を決する場面もあるため、運は大事な要素ですね。

ギャンブルにおけるスキルの役割

ギャンブルにおけるもう一つの重要な要素に「スキル」があります。ギャンブルにおいて、スキルとは、勝率を高めることができる正しい判断をするプレイヤーの能力のことです。ポーカーやブラックジャックのような戦略的なゲームでは、スキルが不可欠です。こういったゲームでは、プレイヤーはゲームに関する知識をフル活用し、結果を良くすることができます。

例えばポーカーでは、プレイヤーはゲームと対戦相手の傾向に関する知識を駆使して、情報に基づいた判断を下し、優位に立つことができます。熟練したプレイヤーは、正しい判断、効果的なブラフ、バンクロールの管理などを行い、最終的に勝率を上げることができるということです。

同様に、ブラックジャックにおいても、プレイヤーはハウスエッジを最小限に抑え、勝つ確率を高めるために必要不可欠な戦略を駆使することができます。熟練したプレイヤーは、より有利にゲームを立ち回るためにカウンティングという特殊なテクニックを使うこともあります。

ただ、カウンティングはプレイヤーに有利になりすぎるため、カジノ側から嫌われており最悪の場合、出禁になってしまう可能性があります。

バカラも運要素が強いゲームだと思われがちですが、スキルが大切なゲームです。プレイヤーは、ベッティングストラテジーという、賭け額を調整するスキルを駆使し立ち回ることで勝率を上げることができます。

スキルゲームであっても運の要素が絡んでくることも当然あります。例えば、ブラックジャックでもベーシックストラテジーを活用し、理論的にはもっとも勝率が高い判断をしたとしても運悪く負けてしまうこともあります。このようにプレイヤーがどんなに最善な判断をしても運が悪く負けてしまうこともあるのがスキルゲームです。反対に判断ミスをしても、運良く勝てるという事もあります。

結局、ギャンブルにおいてスキルも大切だということは明確です。はじめたばかりの初心者の勝率と長い間プレイしているベテランプレイヤーの収支や結果は、1日だけならそこまで大差が生まれることはないかもしれませんが、長期的にみた時にベテランプレイヤーの収支の方が圧倒的にいい結果になるでしょう。これが、プロのギャンブラーが存在する所以ですね。

ギャンブルにおける運と技の議論

ギャンブルの運とスキルに関する論争は、度々起こります。ギャンブルは運ゲーだ!と主張する人もいれば、スキルの方が大事だ!と主張する人もいます。こういった論争の問題点はゲームの種類に起因しています。確かにスロットのようなゲームの場合、運ゲーだという主張は納得できますが、ポーカーのような駆け引きが大事なギャンブルゲームで、運ゲーだと主張されても到底納得できるわけがありませんよね。

なので、ギャンブルといっても一概に運が全てとは、言えずスキルと運のバランスが大事ということですね。

まとめ

結論、ギャンブルにおける運とスキルは両方とも勝つためには大事な要素です。しかし、ゲームにおいて運とスキルの重要さを占める割合が変わってくるというだけですね。ランダムで結果が決まるようなゲームでは運の要素がほとんどを占めて、ポーカーのような駆け引きが大事なスキルゲームでは、スキルがゲームの勝敗を決する場面が多いです。ただ、ギャンブルで安定して勝つためには、運とスキル。この両方のバランスが大事になってくるということは間違いないでしょう。

17件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です